【改善報告】肩が上がらなくなった時も筋膜調整が有効

痛くなり初めの違和感や硬さがポイント

 

40肩, 50肩の治療をされている方に話を聞くと

「何ヶ月か前からなんか違和感はあったんですよね。そうしたらだんだん上がらなくなってきて・・・」

とか

「痛かったんですけど, 上がることは上がったんでそのままにしてたんですよね。そうしたらだんだん手が腰に回らなくなってきて・・・」

とおっしゃいます。

 

結果, 40肩や50肩と診断されて改善にとても苦慮される方を多く見てきました。

 

「違和感」や「痛み」は体が教えてくれてるサインです。

40肩や50肩に移行しないように, そのままにしないのが得策です!

ですが・・・

そんなに困ってない限り治療しようとは思わないですよね^^;

残念ながらそういうものです。

だって, 現状そんなに困っていないわけですから(^_^;)

 

 

 

肩があがらない・・・そんな時も筋膜調整

 

今回, 「3日前から急に肩があがらなくなってしまった」方へ筋膜調整を行いました。

結果, 肩は上がるようになりました。

原因は手や肘の使いすぎによるものと考えられました。

「肩が固まってしまう前に改善出来てよかった!」

そう思えた症例でしたのでご紹介させていただきます。
(*ご本人様の許可は得ております)

肩に違和感や痛みがある方は

筋膜調整を受けることで40肩や50肩への移行を予防できるかもしれません。

なぜなら「固まってはいないけど痛い」という方は

施術の回数の個人差はありますが

多くの方が「筋膜調整」で肩の痛みを克服されているからです。

しかし!!!

 

一方で「肩が固まってしまっている状態」

例えば40肩や50肩の場合は

筋膜調整だけでは改善が難しく

多くの方がものすごく沢山の時間がかかってしまっています。

やはり肩が固まってしまう前にしっかりと対処したほうがいいと思うんです。

70代女性の肩の不調に対して筋膜調整

 

【症例紹介】

Aさん 70代

3日前

ペンチを使って両側へ手を引っ張るような作業を普段より多くやっていた
(お仕事上, 必要な動作)

そうすると

手の指から痛みだして・・・

しばらくすると

肘が痛みだして・・・

最後に肩に痛みが来たとのこと

そこから肩が上がらなくなってしまった・・・

施術した日は, 手も肘も痛くなく

肩だけが痛い状態

あがらないですね・・・

早速筋膜の状態を調べると

主に「手首」と「肘」に筋膜の動きの悪いところがありました。

そして手首から肘, 肩へと順番にに施術

グリグリ・・・

結果

とりあえず前にはあがるようにはなりました!!!

しかし横があがらない・・・

10日後に2度目のご来店

すると・・・

横もほぼほぼ問題なくなっていました!!!

関連記事

  1. 【改善報告】バレエダンサーの腰痛にも筋膜調整!

  2. 【改善報告】左右4本のばね指 〜筋膜調整を続けた結果〜

  3. 有痛性外脛骨の痛みは筋膜が原因かも!?

  4. 【改善報告】肩こりは内臓の不調が原因かも!?

  5. 有痛性外脛骨の痛みと扁平足は関係がない!?

  6. 【改善報告】バレエの股関節痛には筋膜調整!