【改善報告】ひざ裏のつまりがとれて正座ができるようになりました!

筋膜調整セラピスト
TRIGGERの半田です。

 

膝が痛くて, 正座ができない。

しゃがめない。

悩んでいる方が多い症状です。

「膝の裏に何か詰まっている感じがして痛い

「膝の裏の外側が引っかかって痛い」

今日は, そんな症状を解消するためのお話です。

 

お話を聞くと

できなくなってしまったキッカケはまちまち。

「膝の人体を手術してから」
「特にケガもしていないけど, だんだんと」

などが多いように思います。

 

レントゲンをとって

「膝の軟骨が少しすり減っているから」

そう言われる方も多いようですね。

果たしてそれが原因でしょうか?

大きく変形している場合は, その可能性も大いにあります。

しかし!

レントゲンで「少し」隙間が狭いくらいで

正座やしゃがみ込みができなくなることはありません!!!

 

 

多くの場合, その原因は・・・

筋膜 です。

 

 

Aさん

左膝の裏の外側がつまっているように痛く,

正座としゃがみこみができませんでした。

それが・・・

7回の施術で痛みなくできるようになりました。

 

正座で膝の裏が痛い場合

施術の経験上, 以下の場所の筋膜を整えると改善することが多いです。

 

まずはご自分でマッサージしてみてください!

難しいようであれば, 専門家をお尋ねください。

 

最後にアドバイス。

絶対にしちゃいけないことがあります。

膝の裏がつまって痛い場合,

お風呂で正座をして無理やり膝を曲げる練習はしてはいけません!!!

曲がるようにもなりませんし, 痛みが強くなることが多いです。

多くの方がされているようですが, やめてくださいね!

 

TRIGGER 半田

関連記事

  1. 【バレエダンサー必見】バレエダンサーの腰痛にも筋膜調整は有効…

  2. 有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)とは

  3. 鎖骨の出っ張りの痛みにも筋膜調整は有効!

  4. 有痛性外脛骨の痛みは筋膜が原因かも!?

  5. バレエダンサーの股関節トラブルを解消するために必要なこととは…

  6. アキレス腱の奥が痛いときに効果的な治療方法。三角骨以外の原因…