【改善報告】バレエダンサーの腰痛にも筋膜調整!

筋膜を整えて健康を取り戻す
筋膜調整セラピストの半田です。

 

バレエダンサーの筋膜調整をする機会が多いですが,

多くの施術を行っていく中で

バレエダンサーには

バレエダンサー特有の筋膜のゆがみ

が起こることがわかってきました!

 

その筋膜のゆがみが

バレエダンサーはよく訴える痛み,

例えば,

・アキレス腱の痛み
・かかとの奥の痛み(三角骨障害, 長母趾屈筋腱炎)
・膝の痛み
・腰痛

などを引き起こすこともわかってきました。

 

アラベスクのやりにくさや

左右差にもつながっているようです。

 

おそらく

アンディオール

ルルベ

アラベスク など

脚を外に回したり
膝を曲げたり
体を反ったり

これらの動きの繰り返しが

バレエダンサーに共通した筋膜のゆがみ

これを作り出しているのではないかと考えています。

 

 

Aさん

バレエをしていて腰痛になってしまいました。

半年ほど続いていた腰痛

筋膜の状態を調べると

思ったとおり!

他のバレエダンサーと同じ筋膜のゆがみが見つかりました。

 

さっそく上の図に示したポイントを調整していくと・・・

 

「全然痛くないです!!」
「全然大丈夫です!!!」

 

半年間の腰痛はまったく無くなりました。

 

 

バレエダンサーの体の痛みには,

筋膜のゆがみが大きく関わっています。

 

バレエをやっていて,

カラダのどこかに痛いところがあれば,

まずは筋膜を整えて, 痛みを解消することを最優先にしましょう。

 

カラダの使い方や筋力トレーニングは

痛みなく動けるようになってから。

まずは筋膜, 次に運動です。

 

TRIGGER 半田

 

関連記事

  1. 【改善報告】腱鞘炎が注射で治らなかったら筋膜調整が有効

  2. 有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)とは

  3. バレエダンサーの股関節トラブルを解消するために必要なこととは…

  4. 【改善報告】有痛性外形骨の痛みに筋膜調整が有効

  5. 【改善報告】左右4本のばね指 〜筋膜調整を続けた結果〜

  6. 【改善報告】プリエでアキレス腱が痛い時も筋膜調整