• HOME
  • TOPICS(新着情報)
  • 【活動報告】こども達の有痛性外脛骨の痛みを助けてあげてほしい!セミナー開催。

新着情報


2018.04.13

【活動報告】こども達の有痛性外脛骨の痛みを助けてあげてほしい!セミナー開催。

筋膜調整セラピスト,理学療法士の半田です。

 

 

 

有痛性外脛骨はどのように治療するのか?

 




412日に専門家の方を対象に,TRIGGERでセミナーを行いました。

講師は,私。

 

 

 







 

 

有痛性外脛骨の治療

 

「手術が有効」という報告もあれば

 

「リハビリや,インソールなどの保存療法が有効」という報告もあります。

 

 

 

 

それらの報告には,「有効ではなかった症例も少なからずあった」ともあります。

 

つまり,それらの治療では良くならなかた人もいるわけです。

 

 


 

 

 

私の有痛性外脛骨への施術経験から,

 

筋膜を整えることが,かなり有効である

と考えています。


 


 

今回のセミナーでは,

 

有痛性外脛骨の治療に,筋膜を整えることも選択肢の1つにするべきではないか?

 

という提案をさせていただきました。

 

これは私が常々,ブログなどの改善報告でもお伝えしていることです。



 

 

 

 

以下は,サロンにいらっしゃる有痛性外脛骨の方々の現状です。
 

 

「手術したけど痛みがなくならなかった」
 

「手術をしてむしろ痛くなった」
 

「手術して数年は痛くなかったけど,また痛くなってきた」
 

「安静にしてたけど痛みがなくならない」
 

「リハビリしているけどなかなか改善しない」
 

「インソールを入れて,マシにはなったけど痛みがなくなりはしない」
 

「リハビリをして痛みがなくならなかったら手術をしようと言われている」

 


といった方がいらっしゃいます。

 

 




 

 

そんな方々でも,筋膜を整えると

 

有痛性外脛骨の痛みは比較的短期間になくなっていきます。
 

 

 


 

 

しかし,少し長い期間の施術が必要なケースもあります。


(*当日の配布資料より)

 


触った瞬間に,脚がパンッっとはっている。

こういう場合は、経験上、痛みが完全になくなるまでには時間がかかることが多い傾向にあります。
 

それでも根気よく治療を続けていけばほとんどのケースでスポーツに復帰できています。

 

 





 


 

有痛性外脛骨の痛みがなくなるかどうかの目安は

 

「圧痛」です。



(*当日の配布資料より)


3ヶ所を押したときの痛みがすべてなくなることを目標に施術をします。

 

これが当サロンの基準になっています。

 

経験上,スポーツができるようになっても

 

ここの圧痛が1つでも残っていると痛みが,ひどくなったり,戻ってくる可能性が高くなります。

 

当サロンの筋膜調整では,この圧痛がなくなるかどうかを細かく確認しながらおこなっていきます。

 

したがって,ここの圧痛が完全になくなるまでは施術を継続的に続けることをおすすめしています。

 

 



 

 

有痛性外脛骨で苦しんでいる方の多くは思春期こどもたちです。

 

安静にしていれば治る。

 

そう提唱している先生もいます。

 

 


 

 

しかし!

 

小・中・高生の部活動の期限は限られています。

 

手術はせずに治すことを「保存療法」といいます。

 

保存療法の期間を短くして,早くスポーツ活動に復帰することは,

 

お子様の精神状態のためにも必要なことです。

 

 


 

 

サロンにいらっしゃるお子様は,

 

スポーツができなくなってしまったこと

 

いつ治るかわからない不安

 

それらの影響で,ふさぎごみがちになってしまっている。

 

そのように,お母さまからよくお聞きします。

 

 

 

 

不必要に長い安静期間をさけ,

 

早期にスポーツ活動に復帰するためにも

 

まず,筋膜を整えることを強く推奨します!

 

また,その質にもよりますが,

 

補助的にインソールを併用するのは有効な手段と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

「困っている子どもたちを助けてあげたい」

 

施術家の方々にはぜひ,この調整方法を学んで実践していただきたいと思っています。

 

救われる子どもたちは間違いなく多いと思います。

 

実際のところ,遠方にお住まいのクライアント様や

 

すぐに見て欲しいといった方々に対して,私一人での施術では限界があります。

 

有効な手段だからこそもっとこのことを広めたい。

 

真剣に思っています。

 

 

 

 

ご参加いただきましたみなさまへ

 

お疲れ様でした!

 

有痛性外脛骨の痛みで困っているお子さまたちをたくさん救ってあげてください!!!

 


 

 

===========================================

 

【第2 有痛性外脛骨に対するTRIGGERアプローチ】
 

531日(木)13:0017:00
詳細・お申込みはこちらから

*残り3名(413日現在)

 

============================================

 

 

トリガーへのお電話でのご予約 TEL:03-5545-5859 赤坂駅 徒歩6分

新着情報

予約状況、休日のカレンダー

お客様の声 施術の感想をご紹介

トリガーの地図 東京都港区赤坂7丁目6-9
赤坂ONビル201

詳しく見る

Youtubuの動画でみるトリガーの施術

理学療法士サロン トリガー 基本情報



ページトップへ