• HOME
  • TOPICS(新着情報)
  • 【活動報告】有痛性外脛骨の痛みから,こども達を救ってあげてほしい。セミナー終了。

新着情報


2018.06.01

【活動報告】有痛性外脛骨の痛みから,こども達を救ってあげてほしい。セミナー終了。


筋膜を整えて健康を取り戻す

筋膜調整セラピスト,理学療法士の半田です。



5月31日

2 有痛性外脛骨に対するTRIGGERアプローチセミナーを開催しました。



 

有痛性外脛骨の痛みで,部活動を休むことを余儀なくされるお子さまは多く,精神的にも落ち込んでしまう傾向があります。
 

限られた学生の時間。

なるべく短い期間での復帰が望まれます。



 

しかし,有痛性外脛骨の治療に難渋されている施術家の方も多いようです。
 

私の施術の経験から言えることは
 

有痛性外脛骨の痛みには筋膜調整が非常に有効である


ということです。


 

したがって,

有痛性外脛骨の痛みがある方には,筋膜調整を受けることを強く推奨しています。



 

施術家にとっては,有痛性外脛骨に対する筋膜調整をマスターすれば,多くの有痛性外脛骨に苦しむこども達を救うことができます。

こども達のためにも,是非マスターしていだきたいと心から思っております。




 

今回のセミナーでは,私の経験をぎゅっとつめこんで以下の情報を共有しました。
 

「有痛性外脛骨」の基礎知識

◉ 有痛性外脛骨のタイプと,痛みの特徴

◉ 有痛性外脛骨は手術するべきか?保存療法でなおるのか?文献からの考察

◉ 「扁平足だから外脛骨が痛くなる」という考え方では,外脛骨の痛みを完全には治療できない
 

有痛性外脛骨を改善するために必要な「筋膜の基礎知識」

◉ 痛みを改善するために介入する必要がある「深筋膜」とは?

◉ なぜ,筋膜を整えると痛みが無くなるのか?

◉ 知っておくべき筋膜と筋紡錘の関係

◉ 「筋膜が悪い状態」とはどういうことをいうのか?

◉ いつ筋膜機能異常が起こるのか?

◉ 機能障害をおこしている筋膜のみつけかた

◉ 筋膜機能異常の治療のしかた
 

有痛性外脛骨に対する筋膜調整の実際

◉ 有痛性外脛骨が「両側性」の場合に疑うべきこと

◉ 特徴的な有痛性外脛骨の痛みのでかた「原因論との矛盾点」

◉ 確認すべき疼痛誘発テスト

◉ チェックすべき3つの圧痛

◉ 「すぐによくできる外脛骨」と「長い介入が予測される外脛骨」の違いとは?

◉ 有痛性外脛骨を改善するために確認すべき「2つ」の筋膜ゆがみパターン

◉ 体幹にも介入すべき有痛性外脛骨とは?

◉ 内臓の不調を考慮すべき有痛性外脛骨の特徴とは?

◉ 筋膜機能異常の評価と治療の実際

◉ 外脛骨部の圧痛までとるために必要な3つコツ

◉ セルフマッサージ指導

◉ 指導しない方がいいセルフエクササイズとは?

◉ 筋膜機能異常をとらえるための7つの触診のコツ

◉ その他(次回以降のTRIGGER SCHOOLの紹介などを予定)






ご参加いただきました皆様,お疲れ様でした!



みなさまからの改善報告もお待ちしております!





 

 

次回は,625日開催です。
 

現在,お申込み受付中です。
 

一緒に,有痛性外脛骨に対する筋膜調整の方法をシェアしてくださる先生方のご参加をお待ちしております!!!
 

《 詳細・お申込みはこちら 》

 

 

トリガーへのお電話でのご予約 TEL:03-5545-5859 赤坂駅 徒歩6分

新着情報

予約状況、休日のカレンダー

お客様の声 施術の感想をご紹介

トリガーの地図 東京都港区赤坂7丁目6-9
赤坂ONビル201

詳しく見る

Youtubuの動画でみるトリガーの施術

理学療法士サロン トリガー 基本情報



ページトップへ