• HOME
  • TOPICS(新着情報)
  • 【改善報告】関節鏡手術をしたのに残ってしまった膝の痛み。その原因は「筋膜」でした!!!

新着情報


2015.07.29

【改善報告】関節鏡手術をしたのに残ってしまった膝の痛み。その原因は「筋膜」でした!!!

現在の医療制度では、病院でリハビリを受けられる期間に制限が設けられています。

また、病院では患者さんの数が多いこともあり、受けられるリハビリの時間がとても少ないのが現状です。





【関節手術後の患者様が当サロンにいらっしゃる理由】

当サロンでは

  1. 自費診療なのでリハビリの期限がない
  2. お一人の施術時間は約90分
  3. 私が病院に勤務していた理学療法士である
  4. 私が病院勤務時代は手術後の整形外科患者さんも多く担当していたので紹介する方も安心
  5. 他ではあまり専門的に行われていない「筋膜」の施術が出来る
ということもあり、最近は大学病院の整形外科の先生からのご紹介を多く頂いております。

その中に「手術をしたけれどもあまり状態が思わしくない」という方がいらっしゃいます。

症状改善の可能性にかけて下さり、ご紹介頂いておりますこと、感謝致します。





大学病院の整形外科の先生からご紹介頂いたクライアント様

以前にも変形性膝関節症で人工関節置換術の手術をしたけれど痛みが残ってしまった方の筋膜調整による改善報告をさせて頂きました。





今回も大学病院の整形外科の先生からご紹介いただいた方の改善報告です。

膝が痛くて関節鏡の手術をしたけれど、膝の痛みが残り治療に難渋されていた方。

結論から言いますと

4回の筋膜調整にて膝の痛みがほとんどなく歩けるようにまでなりました。








【膝が痛い方には筋膜調整が有効】

膝が痛くて、半月板や靭帯、軟骨、膝の中のお掃除のような関節鏡の手術を受けたが、膝の痛みが残っている方。

そのような方は「筋膜」を調整することで痛みを解消出来る可能性があります。

なぜなら、「筋膜」は膝の痛みの原因になる組織であり

実際に筋膜調整を受けた方の多くが難渋していた「ひざの痛み」を改善なさっているからです。

以下、改善報告です。(ご本人様の承諾を得ております。ご協力ありがとうございます。)








【改善報告:筋膜調整でひざの痛みが解消!!!】

Aさん(仮称)

50代 女性 

診断名:変形性ひざ関節症

初めてサロンに来られる10ヶ月前にひざの痛みを感じる。

近医を受診するも痛みが増強。

その後、大学病院を受診し、MRI撮影。

半月板と軟骨損傷が確認され、手術をすすめられる。

6ヶ月前に関節鏡手術「半月板切除+マイクロフラクチャー(軟骨損傷の治療)」

しかし、痛みが残存。

手術後から膝の裏も痛くなる。

以後、リハビリなど受けるも痛みは改善しないということで、紹介によりご来店。







痛みは下の図のようなありました。




仰向けで寝ているだけで「膝の裏」が痛くなり、その後の寝返りが困難な状態。

歩いている時も「膝の裏」や「膝の内側」が痛い。

いつも「膝の前」がピリピリしているとのことでした。





早速、筋膜の状態を調べてみました。すると・・・





2つの筋膜のつながりに動かない場所がありました。

①は脚をぐるぐると回ってつながっている部分

②は脚の内側と外側のつながりの部分です。





早速筋膜調整



(注:写真は筋膜調整の参考画像です。ご本人様ではありません。)




筋膜調整は痛いので初めは痛みに耐えて頂きました。





*初回施術の結果*

施術後、ひざの痛みは10から2へ

「久しぶりの脚の軽さ!」とのことで喜んでいただきました。

が・・・






*2回目ご来店時(初回から10日後)*

「1日半」は調子が良かったけど、2日目から元に戻ってしまったとのこと・・・

同じ様に筋膜調整を実施。







*3回目ご来店時(2回目から20日後)*

「痛みが少ない日も出てきた」とのこと。

「膝の内側の痛みは気にならなくなって来ている!」が・・・

「膝の裏側の痛みはやっぱりまだある」とのこと。

同じ様に施術。

施術後に膝の裏の痛みが無くなる!!!

「脚が軽い!!!」とのこと。

残っているのは膝の前のピリピリ感だけとなる。








*4回目ご来店時(3回目から7日後)*


大きな変化が!!!




「この1週間まったく膝の裏が痛くなかったんです!!!もう嬉しくって!!!」

笑顔で報告してくださいました(^^)





「気分がともてよくて、走れそうなくらいです!!!」




ということで、

「旅行の予約入れちゃいました!!!」





膝が痛くて、ずっと曲げていると、その後膝が伸びなくなるので諦めていた大好きな旅行

行ってみよう!という気分になられたようです。

こういう心の変化はとても嬉しいですね。



症状的にはまだ、膝の内側の痛みがほんの少しと、膝の前のピリピリ感が残っていました。

諦めずに同じ場所の筋膜調整をすると





「あっ!全く痛くない!!!」






ひざの痛み、ビリビリ感は全く無くなりました!!!

ひざの痛みが全く無くなったのは施術を開始してから初めてでした。








*5回目ご来店時(4回目の14日後)*

ほぼ膝の痛みは無くなっていました!!!

いつも動きの悪かった筋膜の状態は良くなっていたので、他の部分の筋膜調整と

関節の調整をして一旦終了となりました。




Aさんの場合にはひざの痛みが大きく改善するまでに、筋膜調整が4回必要でした。





【あきらめないで筋膜調整を!!!】

「手術を受けたけれども膝が痛い・・・」という方はいらっしゃいます。

リハビリの先生に言われたように

筋力トレーニングをして改善を試みるも・・・

ストレッチをして改善を試みるも・・・

リハビリの先生がいろいろやってくるけれども・・・

あまり改善している感じがしない・・・。

あきらめたくなるし、

「もう治らないんじゃないか」と思ってしまいますよね。





「もっと膝が悪い人もいるから、あなたはいいほうだよ」

なんて言われてしまうことも。

人と比べてもらっても困りますよね・・・。




でもあきらめてほしくはないんです。

今回のAさんのように筋膜を調整することで改善されているかたは沢山いらっしゃいます。




膝の手術を受けたけれども痛みが残っていて、リハビリで筋トレをしても、ストレッチをしても、理学療法士さんに診てもらっていてもなかなか膝の痛みが改善しない方へ


その、改善しないひざの痛みは「筋膜」が原因かもしれません。

「筋膜」が原因であれば「筋膜調整」で改善が望めます。



「筋力トレーニング」よりも、まずは「筋膜を調整する」ことが大切です。

「筋力トレーニング」はその後です。



「筋膜調整法」は、あなたの痛みを改善できる可能性が高い方法です。

筋膜が原因かどうかは実際に触ってみないとわかりません。

お問い合わでだけでも構いません。

ご連絡お待ちしております!!!





ご予約・お問い合わせはこちらから



☎ 03-5545-5859





【関連記事】膝の痛みを「筋膜調整」にて改善された方々の改善報告です。

1.変形性ひざ関節症(50代 女性)
   3年ぶりにしゃがめるようになりました(動画)。



2.変形性ひざ関節症(60代 女性)
    膝が完全に伸びるようになりました(動画)。




 

 

トリガーへのお電話でのご予約 TEL:03-5545-5859 赤坂駅 徒歩6分

新着情報

予約状況、休日のカレンダー

お客様の声 施術の感想をご紹介

トリガーの地図 東京都港区赤坂7丁目6-9
赤坂ONビル201

詳しく見る

Youtubuの動画でみるトリガーの施術

理学療法士サロン トリガー 基本情報



ページトップへ