【改善報告】有痛性外脛骨の痛みには筋膜調整をするべき

 

有痛性外脛骨が痛くて部活ができない。

スポーツができない。

登下校がつらい・・・

小学生〜高校生が多く訴える痛みです。

痛みの出る動きからも, 楽しいはずの学生生活がとても苦痛になることが
簡単に想像できます。

サロンでは小学生〜高校生を施術することが圧倒的に多いのですが,
大人の方でも痛くなる人はいます。

そうなると, 日常生活は大変になります。

行きたいところへも行けない。

大好きな趣味もできない。

家に閉じこもりがちになります。

 

Aさんは, 有痛性外脛骨の痛みで歩くのも辛い状態でした。

足の内側をつけて歩くことができませんでした。

外脛骨のある場所をさわっても痛みがあります。

 

 

筋膜をしらべ, 調整するとご覧のとおり。

 

 

歩くときの痛みはなくなりました。

外脛骨をさわっても痛くありません。

 

 

有痛性外脛骨の痛みは安静にしていてもあまり意味がありません。

積極的に筋膜を整えることで改善が見込めます。

施術後の目標は, 外脛骨をさわっても痛くなくなることです。

 

 

有痛性外脛骨の痛みで, 歩くのが辛いようであれば
積極的に筋膜調整を受けて頂くことをおすすめしています。

 

TRIGGER 半田

関連記事

  1. 有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)とは

  2. 【改善報告】バレエダンサーの腰痛にも筋膜調整!

  3. ジャンプ,ターン,ステップの膝痛の原因と解決するために必要な…

  4. あぐらで膝が痛い時の原因と解決方法とは?

  5. 【改善報告】ひざ裏のつまりがとれて正座ができるようになりまし…

  6. アキレス腱の奥が痛いときに効果的な治療方法。三角骨以外の原因…